可愛いインコのLINEスタンプ作りました  ラインスタンプバナー400.png    インコ好きの方はのぞいて見てネ 

2017年09月07日

追記あり! 湊かなえ著 双葉文庫 『 告白 』 読み終えました・・・<( ゚Д゚)>ドヒェーッ


 先日、知り合いの方にこの本を紹介してもらいました。



全く前情報入れてません。

かなえさんも誰か知りません。


今、読み始めたばかりです。


出だし の勢いが凄いガーン


立石に水の如く、ガッコの先生が生徒に語りかけます唇

そのリズム感と描写がナンダカ凄いのですガーン


私、音楽でも映画でも、イントロダクション部分が大事なんですよね・・


これは、、、

とんでもない小説の予感!!




 んでもって、、、

読み終えましたグッ 追記



※ これより小説の内容がわかる内容です。

この本を読む。と決めている方は、ここを読まずにそのまま本をお読みください。




タイトル 告白 』 


ニコニコ 著者 湊かなえ

ビル 出版社 双葉文庫 317ページ

虫めがね ジャンル 小説 サスペンス ミステリー 殺人 学校 教師 生徒 変態 家族 愛 恐怖 死


あらすじ

娘は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。 まんま解説



 いろんな方とこの本の話をしました。


え?知らないの??


皆さんに言われました。 湊さんかなり有名な方らしいですね。

私知りませんでした。

ふだん潜っていますからね、狭い。 まだまだ世界は広い。


この話がデビュー作ですか・・・ 凄いですね、かなえさん。


この方の能力があれば、死 という高級材料を使わなくても充分美味しい料理が作れるんじゃないかな・・・ まなちゃんと直ママが死んじゃって、かわいそう。


 物語全体が灰色に包まれている雰囲気。 その中にちらと光が射すことも・・。


はじめからテンポがいいです、読みやすい。 語り口調が多いからかな。


第一章がとんでもないんですけど、それ以降も語り手を変え変え、素晴らしい物語りですね。 直と直ママのそれぞれの想い、、 修哉の修ママに対する一途な想愛、、 不思議なことに語り手が変わると各登場人物の私の見方も変わっていくんですね。 人 ってそーゆーものなのかしら。 自分が見た自分、人から見た自分、あの人この人が見る私。


一つ前で あ、この話、イッチャッてハジケ飛ぶな・・・ なんてドキドキしましたが、

最終章で、まとまって ふわっと 地面に着地した感で終わりました。


う〜ん、、、 イッテ欲しかったような、これで良かったような。



とにかく、凄い小説家に出会いましたよ。

湊さん、けっこう本書いてますね。

他の本も凄そう・・・ ドキドキしちゃいますガーン


posted by ツチノコ at 19:58| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

ミステリー小説 新潮文庫 宮部みゆき著 『 火車 』 派手さはないけどじわじわ読ませる話。


    


タイトル 『 火車 』 


ニコニコ 著者 宮部みゆき 公式ホームページ

ビル 出版社 新潮社

虫めがね ジャンル サスペンス ミステリー 失踪 人間ドラマ



 一番初めに読んだ宮部さんの作品です。 読んだのはかなり前。


冒頭、一月の雪の降る夜、寒々しいシーンから始まります。

このシーンがこの本の内容をすごく表していると思います。


失踪した婚約者は一体何者なのか? 休職中の刑事が探追し謎を解いていく・・・

消費者金融などの社会問題を織り交ぜながら、じわりじわりと宮部さんが魅せます。


カードローン破産などの説明が長い感がありました。

派手さはないけどじわじわ読ませる話が好きな方はどうぞ音符


ラストは ぞわっ としましたよガーン





 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 21:33 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

小説 宮部みゆき著 『 模倣犯 』 全編通して凄まじい内容。






タイトル 模倣犯


ニコニコ 著者 宮部みゆき 公式ホームページ

ビル 出版社 小学館

虫めがね ジャンル サスペンス ミステリー 殺人 犯罪 人間ドラマ



 前から気になっていた本です。 読んでみました。


ある殺人事件を機に、様々な人物が織りなすドラマ。


ぶ厚いです。 上下巻でかなりぶ厚い。

が、次々場面が移り展開していくので飽きることがありません。

最後まで一気に読んでしまいました。


凄まじいです。 全編通して凄まじい。

軸は殺人事件の加害者と被害者の話で進んで行き、それぞれの状況や心情がしっかりと描かれています。


心が痛くなる場面が多々ありました。

その死は、描いてほしくなかったな・・・ そんな場面もありました。


作り話なんですよね。 でも現実とシンクロするところがありましたよ。

ニュース番組や報道の在り方、見る側はどうなんだ?とかね、考えさせられました。


これだけの作品を、よく書いたなー。

著者に感服しました。


少し前に読んだ 「 火車 」 はそこまでじゃなかった記憶が・・・

宮部さんの他の作品も是非見てみたいです。






 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 22:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

小説 重松清 著 『 きみの友だち 』 中学の頃のそーゆー気持ちヨミガエッタわ(´Д`)






ああああああああぁぁーんっアセアセ


重松さんに泣かされたよーっえーん




タイトル きみの友だち


ニコニコ 著者 重松清

ビル 出版社 新潮社 新潮文庫

虫めがね ジャンル 人間ドラマ 友だち



 ツチ、重松さんの書くお話、好きです音符 この本は少し前に読みました目



注) おおざっぱにあらずじやラストの内容載せます。



 内容は学校生活のいろんな人のお話です。


中には "いじめ" の話が出てきて、ツチもつい入り込んでしまい メチャ憂鬱 な気分にガーン


( 状況違うけど、シカトされる一歩手前のものすげぇー緊張感や仲間外れにされ泣きたくなる孤独感・・・ 急に中学時代のそういう気持ちよみがえったわハートブレイク もう味わいたくない、アン時の気持ち。 そういった意味では大人になった社会は楽だわ、別に一人でいいから。 )



でも、この話そこだけじゃない。


最後の話、予想した展開を上まわりました上矢印


涙が勝手に ぽろっぽろ、ぽろっぽろ 滴り落ちてくるタラータラー


ツチ子大泣き.png


ハッピーエンドとはこのことだぁ〜いアセアセアセアセ


この形の話、味わったことないです。 すごすぎる!


清さん、すごいですねっ!!


本 小説関連記事





 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
ラベル:いじめ 小説
posted by ツチノコ at 20:49 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする