スタンプ宣伝.png
 

2017年10月07日

小説 サスペンス 湊かなえ著 双葉文庫 『 夜行観覧車 』 遠藤家のウルトラマン的対決が最高☆ミ


 「 告白 」 以来、湊かなえさんにハマっていますおねがい


複数視点の群像劇が多く、どの本も各登場人物の話を読ませますね〜チョキ

もしかして湊さんハズレ無し作家ですか上矢印


最近こちらを読み終えました目



タイトル 『 夜行観覧車 


ニコニコ 著者 湊かなえ

ビル 出版社 双葉文庫 380ページ

虫めがね ジャンル 小説 サスペンス ミステリー 殺人事件 家族 家庭 ファミリードラマ 隣人 愛 人間ドラマ 癇癪 獣化



※ これより小説の内容を少し載せます。

この本を読む。と決めている方は、ここを読まずにそのまま本をお読みください。



あらすじ

高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。
遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。
その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。 
まんま解説



 家庭内殺人事件が起きる。 そしてその家族、隣人たちの視点で話は進んでいきます。


湊さんいいですね〜ルンルン

宝箱は最初から見せるのですが、中に何が入っているかはジワジワ見せていくんです爆  笑 すいこまれるぞー


非常に狭いグランドでこれだけ物語を展開させるって凄いな・・・。


高橋家三兄弟の描写がいいルンルン

んでもって遠藤家と小島さと子がこれまた良い味出してます唇


さと子、まーくんまーくんゆーて。 時にはヒジョーに攻撃的になって。 いいキャラやわ〜おねがい


遠藤家、終盤。 

娘を獣と見立て、実は自分が獣化した真弓。 VS かんしゃく全開の彩花。 二大巨獣が激しくやり合う中、坂降りて逃亡決め込む父啓介。

見せ場ですね、最高でした星


家庭内殺人が起きた高橋家と並走して、癇癪娘がのさばる遠藤家を通しウルトラマンや怪獣大戦争のような様も魅せる、、、 やりおるわい湊氏。


最後はベタベタな青春ぽいシーンもあります。 ここでそうきますか〜ニヤリ なんて思いながら嫌いじゃない私。


読み終わって、夜行観覧車。 良いタイトルだな〜って思いました。


淳子ママ視点の話も読んでみたかったな〜っ!!




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

夜行観覧車 (双葉文庫) [ 湊かなえ ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/10/6時点)


ラベル:小説 ハマる 好き
posted by ツチノコ at 14:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする