スタンプ宣伝.png
 

2016年10月27日

大川小学校津波訴訟のニュースを見て







 昨日、東日本大震災の津波で犠牲になった小学生の遺族が起こした裁判のニュースを見ました。



負の連鎖。



むごい震災が起こり尊い命が奪われ、数年経った今も尚それによりむごい事が起きている・・・。


この訴訟の結果がどうであれ、はたしてこれにより救われる人はいるのでしょうか。



意見の食い違い。あの時ああしていれば。本当のことを知りたい。

児童の遺族はずっと苦しみ続けている・・・


" 学校・先生を断罪 " 

" 先生の言うことを聞いていたのに "


命を奪ったのは先生? その罪に裁きが下された?

亡くなられた先生の遺族はこれを見てどう思うのだろう・・・


4キロ先津波襲来予見できた? そもそも何故津波が来るところに学校があり、そこに通わせる?


何が正しいのか、どうすれば解決できるのか・・・



ニュースを見ていろんな事がぐるぐる頭を回りました。


津波が起こらなければ。


結局、それ以外の答えは出ない。




これからの未来も未曾有の災害はあちこちで起こるでしょう。


起こった後でどう動くかより、起こる前にどう動くか。


これが第一だと思います。


想像を超えた事が起こると、人はビックリして動けなくなります。


だから、情報を知り 気付き 準備 しておくことが大事だと思います。


注意 災害関連の記事 注意




その日が来たら、 私は動けるのか。


だからまず、準備。

そして、 動くか 留まるか の判断。

日頃から意を注いでおきたいものです。





 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 22:56 | TrackBack(0) | 考え方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック