スタンプ宣伝.png
 

2016年10月24日

小説 宮部みゆき著 『 模倣犯 』 全編通して凄まじい内容。






タイトル 模倣犯


ニコニコ 著者 宮部みゆき 公式ホームページ

ビル 出版社 小学館

虫めがね ジャンル サスペンス ミステリー 殺人 犯罪 人間ドラマ



 前から気になっていた本です。 読んでみました。


ある殺人事件を機に、様々な人物が織りなすドラマ。


ぶ厚いです。 上下巻でかなりぶ厚い。

が、次々場面が移り展開していくので飽きることがありません。

最後まで一気に読んでしまいました。


凄まじいです。 全編通して凄まじい。

軸は殺人事件の加害者と被害者の話で進んで行き、それぞれの状況や心情がしっかりと描かれています。


心が痛くなる場面が多々ありました。

その死は、描いてほしくなかったな・・・ そんな場面もありました。


作り話なんですよね。 でも現実とシンクロするところがありましたよ。

ニュース番組や報道の在り方、見る側はどうなんだ?とかね、考えさせられました。


これだけの作品を、よく書いたなー。

著者に感服しました。


少し前に読んだ 「 火車 」 はそこまでじゃなかった記憶が・・・

宮部さんの他の作品も是非見てみたいです。






 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 22:00 | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック