スタンプ宣伝.png
 

2016年09月29日

ツチノコ、ブヨに襲われる! マダニ、ブユには要注意!! 刺されないためには!?





注意 ) おっさんのスネ&スネ毛、そしてブヨに噛まれたと思われる皮膚画像が出てきますガーン 苦手な方は次回また遊びに来てネバイバイ





ツチノコぶろぐ。前回まで

 栃木旅行に出かけ、草むらで謎の吸血生物に襲われたツチノコ ( ブログ管理者・人間 )。 少し経ち、その謎の吸血生物は マダニ ではないか?と閃く。 ネットで調べるとマダニには恐い感染症が! それを怖れたツチノコは病院にて診察を受け、軽くあしらわれる。 次に診てもらった皮膚科でも軟膏を出されて終わり。 結局、謎の黒い吸血生物、あれは何だったのか・・・




ブヨ。


それが答えでした。


〜 ブヨとは 〜

 正確にはハエ目カ亜目ブユ科。

 関東ではブヨ、関西ではブト とも呼ばれる。

 体長3〜5mm、黒く丸い体。

 自然が多く、水の澄んだ場所に生息する。

 集団で襲ってくることが多く、皮膚を噛み切る。

 麻酔成分を注入して血を吸うため、気付かないことがある。

 噛まれると出血し、徐々に赤く腫れかゆくなる。


家に帰り 虫刺され をネットで調べると、上記内容が載っていました。

ほぼ合致するので、まずブヨで間違いないと思います。


今思うと、この画像もよく見ると


これは何?2.jpg


ブヨに血を吸われて、プックリ腫れあがっている様。

マダニ・・・ じゃないですねタラー


ブヨに刺された状況と経過をまとめて載せておきますニコニコ


2016年9月上旬、栃木県那須町の草むらでブヨに噛まれる。

いつの間にか10匹くらい足のすねにへばりついていて、手で振り払うと噛まれた跡から血が出ていた。 痛みや痒みはない。

数時間経つと、数か所が赤くプックリと晴れ出す。

二日目あたりから徐々にかゆくなり、一週間経った今ではかなりかゆい。

患部をかいて、血が出て瘡蓋になってまたかくを繰り返している。

二週間後、かゆみがおさまる。

三週間後、未だ瘡蓋になっている。


こんなとこですかねガーン

ブヨに刺されたら、かゆくてもそこをかかない方が良いですよ音符 かくと余計かゆくなり、腫れる炎


それにしても今回、虫刺されで騒ぎ過ぎてしまいましたえーん

謎の虫に刺された場合、まずその虫と刺された場所をしっかり観察することが大事ですね虫めがね


そしてマダニでもブヨでも、刺されないためには肌を露出しない。 ことが、大切だと解かりましたグッ

この季節でも、山で登山、川でキャンプなどされる方はご注意ください!

謎の虫に刺されて異常な反応が出た場合は、すぐ皮膚科で診てもらった方が良いと思いますウインク



長々と数回に渡り 虫刺され記事 を読んでくださった読者の皆様、ありがとうございましたラブラブ

皆様は私と同じ目に合いませぬよう、健やかなる外出を切に願っております流れ星






 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 22:49 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック