スタンプ宣伝.png
 

2016年02月15日

インフルエンザワクチンは効果あるの? ・・・私の見解は否。






 こんばんは、ツチノコです

前記事の つづき  インフルエンザ話より朝起きた時に襲われる 絶望感 の話がしたくなってきました
皆さん・・・やよね、絶望感話。 

んじゃ、インフル予防の話を少し

インフルエンザを予防するには・・・ね、

うんとね・・・ 厚生省のHP を読んでね

〜皆さんが厚生省HPを呼読むんでいる時間〜

 
はい、大体読んで予防のしかたわかりましたね  では、次に私の身にふりかかる絶望感の話をしたいとお

・・・え?何

「貴様ごときのカスブログ 俺様の指で左クリック一回押すのもシャラクサイわっ

ですって
ムキーーーッ 言ってくれるじゃない でも、そんな風にデンとかまえるあなたも好きよ
わかったワヨ、ノーカンノーカン。簡単にインフル予防の話をまとめるわね


ん? インフルにかかったことのない私が何故予防を対策できるのか・・・って?
ちっちゃいことは〜気にしない、それワカツチワカツチ〜



まずは
 流行前のワクチン接種


これ、厚生労働省HPには一番はじめにのってます。
ツチノコ的にはワクチン接種、「 」ですね

最近はやたらめったらインフルエンザの予防接種予防接種とツチノコの周りでいわれとりますが、インフルかかった人に「長い間風邪ひいてるね、予防接種うったの?」と聴くと「うん、うったのに効かない」と返ってくることがあります。
「インフルエンザワクチンってどんなものか知ってる?」って聴くと「知らないけど、とりあえずやっとかないと」なんて答えも返ってきます。


予防接種が浸透しているのに、同時にインフルエンザも浸透していませんか
世間に予防接種が浸透すれば、世間からインフルエンザは消えるはずなのに・・・消えずとも減少するはずなのに・・・亡くなられている方だけ見ても年によりまちまちですが、平均して減少傾向にありません


そうなんです 予防接種はインフルエンザにかからないわけではなく、治すわけでもなく、その症状をおさえるだけなのだそうです

接種とは種を植え付けること。予防接種とは毒性を弱めた病原体(ウイルスや細菌)や毒素を、前もって投与しておくことなんです。
それが効果あるなら毎年毎年騒がないよね、減少するはずだよね、インフルエンザ。

そしてワクチンには、副作用があります。

元々人には自然治癒力があります。 なるべくなら接種に頼らず治癒力が発揮できる心身を、ふだんから整えてあげるのが大事ではないかと思います。
当たり前のことですが、何かに頼って防いでいるとそれに頼らなければ防げなくなるのも人の体だと思います。


もちろん、忙しくてインフルエンザで寝込んでる場合ではない方や、体が衰弱されている方 ( インフルエンザの症状が原因で亡くなられた方は65歳以上の方がほとんどです ) は予防接種を受けた方が良い場合もあるかもしれませんが、誰しもが受けた方が良いわけではないと思います。

ここでワクチンに関して述べたことは、周りからインフルエンザ関連の話を聞き インターネットを見て調べた私の見解であって、あなたにとっての正解であるかはわかりません。
試しにワクチンをうった人、うたない人、インフルエンザにかかったか、どれくらいの症状だったか、いろいろ聴いてみると良いでしょう。
あれ?・・・という答えが返ってくるかもしれませんよ。

私の周りは・・・ ほとんどインフルエンザにかかった人はいませんでしたが、かかった人はワクチンをうった人の方が多かったです(笑) 

結局、
自分の体は自分で守る。
今年、あなたはワクチンを打ちますか?
私は打ちません。


はふ〜 予防接種だけでけっこう話長くなっちゃいました
ではどうすれば良いのか を、次回書けたら書きたいと思います
ひっぱってゴメリンコ〜






 
 右斜め上 ふつーびと、ツチノコに一票をぴかぴか(新しい)
posted by ツチノコ at 23:13 | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック