スタンプ宣伝.png
 

2015年03月17日

恩恵と災害 〜地球という大きな生命体の流動〜

人間が自然災害と設定しているものは

地球という大きな生命体の流動です。

そこには良いとか悪いとかありません。

我々はその上に立ち、生活しています。

その時 その場所 により
地球の流動は、我々人間にとって恩恵にも災害にもなります。

知り、考え、動く ことにより恩恵を選ぶこともできる。


今、
あなたが暮らしている場所は安全ですか?
これから、
あなたが行く場所は安全ですか?

近所の川はその昔、土石流の被害にあっていないですか?
今後は二度と起きないですか?

高台に建っているあなたの家は安全ですか?
地滑りなんて絶対に起きないですか?

毎年雪山で遭難、、、 それでもまだ雪山登りますか?

原発の近くに住む方、稼働しなければ安全ですか?
ミサイルやテロの攻撃に耐えられる構造ですよね?
揺れや浸水にも耐えられる構造のはず・・・ですよね?

あなたの町にはもうあんな津波は来ないですか?
私は防波堤を造るより、人間の方がそこから離れるか高台に住むべきだと思います。


それでもそこに居るなら そこへ行くなら
後は覚悟を持つだけ。

自分が死んでもよい覚悟ではなく
「そんときはそんときだ」「人間いつか死ぬんだ」の覚悟ではなく

愛する人を悲しませ残してしまう覚悟。
家族を 大切な人を 失くしてしまう覚悟。

被災し大変なめにあわれた方で「そんときはそんときだった」と言った人は誰もいないと思います。

私は死ぬ覚悟より、それを避け生きる覚悟を選びますよ。

我々人間は過去に起きた事を知り、学ぶことにより
より良い生活を送ることができる。

知り、考え、動く。

過去、現在、そしてこれからも地球の流動は続く。

あなたはどこで生き、どこに向かいますか?



ー 後 記 ー

この記事で多くの問いかけをしました。
もちろんどうにもできない、ならないこともあります。
でも知識を持ち準備することはできます。
そのきっかけになれば。と思い書きました。

地球に活かしてもらい、災害は避けたい!
安全な暮らし 安心の未来 を目指したい! 

ツチノコでした。


posted by ツチノコ at 21:23| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする